音声対話システム - 河原達也

音声対話システム 河原達也

Add: kiwobah79 - Date: 2020-11-24 21:14:45 - Views: 574 - Clicks: 6362

音声対話システム - 河原達也 一方、音声対話システムなどタスクが明確な場合は専 用の文法を人手で記述するのが一般的である。このよう な記述文法向けの音声認識エンジンとして、(Julius と 大半のコードを共有した)Julian が作成された。こちら. Amazonで達也, 河原, 雅弘, 荒木, 人工知能学会, JSAI=の音声対話システム (知の科学)。アマゾンならポイント還元本が多数。達也, 河原, 雅弘, 荒木, 人工知能学会, JSAI=作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 本章では対話システムの構成を,もう少し一般化して説明する。図4は対話システムの典型的な構成例である。図4では音声対話を想定したものになっているが,テキスト入出力の対話システムであればこの図4から音声認識と音声合成を除いたものになる. 音声認識システムの高精度化に伴い、様々な音声で操作するシステムが生活の中に入ってくるようになってきました。 本講演では音声対話システムの研究開発が辿ってきた歴史と機能に応じた類型を解説します。. 人工知能学会研究会資料 slud-b203-02 (人工知能学会誌年1月号) (pdfファイル) アンドロイドを用いた音声対話研究.

今回は、音声認識を利用した対話システムの構成を解説する。音声対話システムは、音声を理解して適切に応答するシステムである。学術的には音声認識は音声を文字にする部分までで、言語的な解析や意図の理解は音声理解の領域である。. 所属 (現在):京都大学,情報学研究科,教授, 研究分野:知能情報学,理工系,知覚情報処理・知能ロボティクス,知覚情報処理,情報学, キーワード:音声認識,音声対話,音声情報処理,HMM,話し言葉,CALL,音声理解,意図理解,情報検索,インタラクション, 研究課題数:51, 研究成果数:526, 継続中の課題:End. 移行適格場検出に基づくターンテイキング予測と面接対話システムへの適用: 河原 達也: 原田 将之介: 暗黙的フィードバックによる正則化を用いた推薦システムの改善: 鹿島 久嗣: 平山 昌弘: 認知の焦点を維持した関係性把握の促進: 西田 豊明: 松山 祐貴. 鹿野 清宏, 河原 英紀, 河原 達也, 武田 一哉, 猿渡 洋 情報処理学会研究報告. 音声対話システムにおける ユーザのバージイン率に着目した音声認識誤りの予測 駒谷和範 河原達也 奥乃博 京都大学大学院情報学研究科知能情報学専攻 jp 1 はじめに 音声対話システムの性能を向上させるうえで,ユー. 電子情報通信学会論文誌, Vol.

駒谷 和範,河原 達也: 音声対話システムにおける音声認識結果の信頼度の利用法. 日本音響学会研究発表会講演論文集, 3-5-2, 秋季, . 駒谷 和範,河原 達也: 混合主導対話における音声認識誤りに対処するための対話管理.. 研究キーワードが「音声対話」である研究者 30件 30件. システム科学技術. 音声対話システム - 河原達也 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 音声対話システムにおける発話意図と対話の齟齬による 発話タイミングへの影響の分析 豊倉正佳 翠輝久 河原達也 京都大学情報学研究科知能情報学専攻 jp 1 はじめに 音声認識技術・音声合成技術の向上により,様々な. 音声対話システム、音声対話方法、プログラム、学習モデル生成装置及び学習モデル生成方法 発明の概要 【課題】応答誤りが発生しないように適切に対処することが可能な音声対話システムを提供する。.

「自律型アンドロイドERICAにおけるエンゲージメント推定に基づく 音声対話システム」 井上昂治, Lala Divesh, 高梨克也, 河原達也 日本音響学会年春季研究発表会 (ASJ Spring). 知識に基づくニューラル対話基盤の構築: 河原 達也: 京都大学・大学院情報学研究科・教授: 音声対話システム高度化のための頑健な音環境理解: 小林 哲則: 早稲田大学・理工学術院・教授: 多人数会話技術の高度化に関する研究. 鹿野 清宏, 河原 達也 他 | /5/1. 河原 達也; 渡部 生聖; 中野 雄介; 出願人: 国立大学法人京都大学; トヨタ自動車株式会社; 発明の名称: 音声対話方法、及び音声対話システム 発明の概要 【課題】発話を促進させる相槌を生成することが可能な音声対話方法を提供することである。.

03 「多様な形態の相槌をうつ音声対話システムのための傾聴対話の分析」 山口貴史, 吉野幸一郎, 高梨克也, 河原達也 情報処理学会 第77回. カワハラ タツヤ (Tatsuya Kawahara). 河原達也 音声対話システム 知の科学 : 河原達也 | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。. 音声対話システムにおける適応的な応答生成を行うためのユーザモ デル. SLP, 音声言語情報処理年12月18日. 9 形態: xiii, 196p : 挿図 ; 21cm 著者名: 河原, 達也 シリーズ名: IT text / 情報処理学会編 書誌ID: BBISBN:. Flexible guidance generation using user model in spoken dialogue. 音声対話の概要 音声対話システムの構成タスクの分類: 11:00~ 音声対話の基盤技術 音声言語理解、応答生成: 12:30~ 休 憩: 13:30~ 音声対話演習 (MMDAgent) MMDAgentを用いた音声対話エージェントの構築: 15:00~ 音声対話演習 (Dialogflow) Dialogflowを用いた音声対話.

高等教育改革に資するマルチメディアの高度利用に関する研究 平成14年度 計画研究. 駒谷和範, 上野晋一, 河原達也, 奥乃博. 単行本 音声対話システム (知の科学) 河原 達也, 荒木 雅弘. Amazonで達也, 河原, 雅弘, 荒木, 人工知能学会, JSAI=の音声対話システム (知の科学)。アマゾンならポイント還元本が多数。達也, 河原, 雅弘, 荒木, 人工知能学会, JSAI=作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 上野晋一, 駒谷和範, 河原達也, 奥乃博. 「統計的音声対話システムにおける登録キーワードの近傍単語を優先した仮説生成に基づく応答選択」 日本音響学会年春季研究発表会講演論文集, 3-q5-13, -03. 音声対話システムにおける発話タイミング・リズムの分析: 河原 達也: 中西 福友: メタプログラミングの並行計算への応用: 佐藤 雅彦: 西野 正彬: 妥当な推測を表すためのグラフモデルとそれに基づく仮説構築支援システム: 山本 章博: 畑中 陽介. 音声対話システムの歴史と系譜 これまでの代表的な音声対話システムの系譜を図 1に示す。わかりやすさを優先して、システムの名 称とプロジェクト名が混在している。他に重要なも のも多数あるが、紙面の都合上すべて挙げられない 点了解されたい。 2.

,. See more videos for 音声対話システム - 河原達也. 音声対話システムが円滑な対話を実現するためには,次に話者が交替するか否か(ターンテイキング)の予測が重要である.本研究では,ターンテイキングの予測において,移行適格場 (trp)の情報を考慮する.trpとは,話者交替が起こりうる箇所を指し,ターンテイキングのふるまいは,trp. 山肩洋子, 河原達也, 奥乃博, “視覚情報を話題の対象とする音声対話システム,” 第3回 音声言語シンポジウム 第39回 音声言語情報処理研究会(-SLP-39-14), pp. 高齢者との対話においては、自動音声認識に高い精度は期待できず、また意図理解も困難な場合がある。 それでも、相槌・頷き・表情などのモダリティを活用したり、複数の人間・ロボットで会話の場を形成することで、対話を維持することは可能である。. 日本音響学会誌年4月号 (pdfファイル).

D-II 88(3), 499-508,. 音声対話によるソフトウェアサポートタスクのための効率的な確認戦略 翠 輝久, 駒谷 和範, 清田 陽司, 河原 達也 電子情報通信学会論文誌. D-II, 情報・システム, II-パターン処理 = The transactions of the Institute of Electronics, Information and Communication Engineers. 小升 章裕,南角 吉彦,李 晃伸,徳田 恵一. 改訂2版 フォーマット: 図書 責任表示: 河原達也編著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : オーム社,. 話し言葉による音声対話システム 河原 達也 情報処理 45(10),,. 藤堂祐樹・西村良太・山本一公・中川聖一,().音声 対話システムの応答分文における合成音声と肉声の印象比 較 日本音響学会講演論文集, 79-82. 河原達也・小川一・ 堂下修司,(1995).声質に関する印象.

「ユーザの焦点を用いたpomdpによる音声情報案内システム」 吉野幸一郎, 河原達也 情報処理学会 第77回全国大会:. 人間どうしがやりとりを行う音声メディアを分析し、自動認識・理解した上で、インタラクションを行えるシステムの実現をめざします。 京都大学 河原研究室 (Prof. 小林 大晃,伊藤 直晃,李 晃伸.

音声対話システム - 河原達也

email: uqeju@gmail.com - phone:(918) 414-8193 x 8722

PitQueen - 奈良県同和教育研究会 人権の授業をつくる

-> 浜松市(南部)
-> ウイングマン - 桂正和

音声対話システム - 河原達也 - ジェンシ


Sitemap 1

Pink Panic6 藤澤まお - 藤澤まお - Illustrator 瀧上園枝 レベルアップコース